名古屋空港ビルディング株式会社

  • ENGLISH
  • 繁体中文
  • 簡体中文
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 大

ビジネス機ターミナル

ホーム > ビジネス機ターミナル > 名古屋空港のご利用について

名古屋空港のご利用について

運用時間

午前 7 時から午後 10 時まで。

着陸料

着陸料は、以下の(a)と(b)の合計額に消費税及び地方消費税を加えた額になります。

 基準値(重量、騒音値)着陸料
ジェット機(a)25 トン以下 1,050 円 / トン
26 トン ~ 100 トン1,480 円 × ( 重量 - 25 ) トン +  26,250円
101 トン ~ 200 トン1,800 円 × ( 重量 - 100 ) トン + 137,250円
201 トン以上1,950 円 × ( 重量 - 200 ) トン + 317,250円
(b)3,400 円 × ( 騒音値- 83)EPN db
その他の航空機(a)6 トン以下の航空機1,000 円 (一律)
7 トン以上の航空機590 円 × ( 重量 -  6 ) トン +   700円
(b)3,400 円 × ( 騒音値- 83)EPN db

※ 重量は最大離陸重量を適用し、1 トン未満は1 トンとします。
※ 回転翼航空機に係る騒音値から減じる値は 95 とします。

停留料

停留料は、以下の額に消費税及び地方消費税を加えた額になります。

 基準値(重量)停留料
23 トン以下の航空機3 トン以下810 円(一律)
4 トン ~6 トン以下1,620 円(一律)
7 トン ~23 トン以下30 円 × ( 重量 -   6 ) トン + 1,620円
23 トン超の航空機25 トン以下90 円 / トン
26 トン ~ 100 トン以下80 円 × ( 重量 - 25 ) トン + 2,250円
101 トン ~70 円 × ( 重量 - 100 ) トン + 8,250円

※ 重量は最大離陸重量を適用し、 1 トン未満は 1 トンとします。
※ 一週間を超える停留を行う場合は、その超過した期間については2.5 倍の料金となります。

ビジネス機旅客ターミナル施設使用料

 施設の使用料金
ビジネス航空専用施設料金11,700 円 / 時間
FBO付帯設備使用料金3,240円 / 回